病院中堅職員育成研修

人事・労務管理コース

人事・労務管理の目的は、人がいかに意欲的に働ける環境・労働条件を整備し、事業目的を達成していくかということにあります。そのためには、職員の募集・採用にはじまり、教育、人事考課、昇進、退職に至る過程の中で、労働者個々人の士気を高めると共に、安心して働くことが出来る職場環境を作り上げる必要があります。

本研修では、学問としての体系的な人事・労務管理でなく、病院での経験を踏まえた実務、実践レベルでの研修が行なわれます。講師陣は、病院を支え、医療に携わっている皆さんの懸命の努力を応援する立場で臨みます。

一般社団法人日本病院会 病院経営の質推進委員会 副委員長
人事・労務管理コース 担当講師
佐合 茂樹(木沢記念病院 病院長補佐・事務長)
◆担当講師(五十音順・敬称略)◆
朝見 浩一
(白岡中央総合病院 事務長)
佐合 茂樹
(木沢記念病院 病院長補佐・事務長)
相馬 敏克
(元 岩手県立中部病院 事務局長)
渡辺 明良
(聖路加国際大学 法人事務局長)
研修の申込みはこちら

経営管理コース

今、医療界を取り巻く外部環境は激しく動いています。そして私たちの組織もまたこの動きに合わせて大きく変化をしなければなりません。 そのためにも経営マネジメントは重要な課題であり、事務職を中心にその知識と行動力が強く求められています。

経営管理コースでは、組織マネジメントの基礎知識の習得から実際の変革の事例を通して、これからの自院の組織改革の方向性を研修いたします。

一般社団法人日本病院会 病院経営の質推進委員会 委員
経営管理コース 担当講師
正木 義博(済生会支部神奈川県済生会 支部長)
◆担当講師(五十音順・敬称略)◆
正木 義博
(済生会支部神奈川県済生会 支部長)
渡辺 明良
(聖路加国際大学 法人事務局長)
研修の申込みはこちら

医事管理コース

医事業務は保険請求から患者サービス業務に至るまで、病院固有の事務業務として多岐にわたり、 収益管理を行う最も重要な役割を担っていますが、DPC/PDPS制度の導入や病院IT化の進展などにより、 大きな変革期を迎えています。その中で、医療事務に必要とされる基本的な知識や病院の具体的事例を学び、 業務遂行に必要な実践力を高めるとともに、研修後についても、修了生の情報交換の場として、 本コースを活用されることを期待いたします。

一般社団法人日本病院会 病院経営の質推進委員会 委員
医事管理コース 担当講師
永易 卓(若草第一病院 理事・局長)
◆担当講師(五十音順・敬称略)◆
永易 卓
(若草第一病院 理事・局長)
江原 正恭
(社会医療法人社団三思会 理事・総研センター長 補佐室長)
櫻井 雅彦
(三井記念病院 医師支援部兼医療安全管理部 シニアマネージャー)
原口 博
(武蔵野赤十字病院 事務部長)
持田 勇治
(済生会保健・医療・福祉総合研究所 上席研究員)
研修の申込みはこちら

財務・会計コース

病院の財務会計は、「病院会計準則」に基づき作成されています。財務諸表の様式等を統一することで、病院の経営成績と財政状態を適正に把握し、病院経営の改善に資することを目的としています。一方、管理会計の分野では、内部の意思決定や業績管理のために会計情報を利用した処理が行なわれます。部門別損益計算、行為別(部署別)原価計算、DPC包括評価導入による疾病別原価計算などがあります。

本コースでは、専門の会計士が病院会計の処理方法から会計情報を利用した各種諸表の意味と活用、さらには病院経営に視点に立った分析まで、実践に近い形で修得できるカリキュラムとして設定されています。実務に当たっている病院関係者の方に是非受けていただきたい研修です。

財務・会計コース 担当講師
石井 孝宜(石井公認会計士事務所 所長)
◆担当講師(五十音順・敬称略)◆
石井 孝宜
(石井公認会計士事務所 所長)
石尾 肇
(石尾公認会計士事務所 所長)
研修の申込みはこちら

薬剤部門管理コース

これからの病院薬剤師に必要とされるものは、「臨床、研究、経営」この3つの知識をバランスよく兼ね備えることだと思います。本コースを通じて、急性期病院・回復期病院・療養病院・中小病院・精神科病院を含む全ての病院で勤務する病院薬剤師にとって、重要な専門知識と薬剤師が理解しておくべき事務的な知識の両分野での習得を行い、病院薬剤師が病院経営上での重要なKey personになる事を期待してこの研修会は作られました。

この研修会が良い情報交換の場となり、得た知識を各病院へ持ち帰り病院経営の一翼を担う存在になって頂きたいと思っております。

一般社団法人日本病院会 病院経営の質推進委員会 委員
薬剤部門管理コース 担当講師
眞鍋 伸次(KKR高松病院 薬局長)
本コースは、次の認定対象研修を実施する研修会として登録されています。
2日間の履修で、いずれか一方の単位を取得できます。
1. 日病薬病院薬学認定薬剤師制度(一般社団法人日本病院薬剤師会)
… 7.5単位
2. 研修認定薬剤師制度(公益社団法人日本薬剤師研修センター)
… 6単位
◆担当講師(五十音順・敬称略)◆
池田 隆一
(社会医療法人財団慈泉会 医療連携センターセンター長・相澤東病院 事務長)
折井 孝男
(河北総合病院 薬剤部薬剤部長)
土屋 文人
(一般社団法人日本病院薬剤師会 副会長)
中村 裕義
(国際医療福祉大学三田病院 薬剤部長)
中山 和則
(筑波メディカルセンター病院 副院長兼事務部長)
林 昌洋
(一般社団法人日本病院薬剤師会 副会長・虎の門病院 薬剤部長・治験事務局長)
原口 博
(武蔵野赤十字病院 事務部長)
牧野 憲一
(旭川赤十字病院 院長)
眞鍋 伸次
(KKR高松病院 薬局長)
持田 勇治
(済生会保健・医療・福祉総合研究所 上席研究員)
研修の申込みはこちら

医療技術部門管理コース

医療技術部門管理者においては、技術の向上による診療の質を担保するのはもちろんのこと、病院経営にも深く関与していかなければなません。我々技師は、自身の職能に関する臨床の技術・知識向上については積極的ですが、病院経営や組織管理の理解についてはおろそかになりがちです。そこで、この研修では、病院経営や組織、医療安全、管理職として人事・労務管理なども網羅されておりますので、これらを修得し、病院経営に深く関わっていける人材となることが期待されます。

一般社団法人日本病院会 病院経営の質推進委員会 委員
医療技術部門管理コース 担当講師
飯村 秀樹(筑波メディカルセンター病院 診療技術部長)
◆担当講師(五十音順・敬称略)◆
飯村 秀樹
(筑波メディカルセンター病院 診療技術部長)
池田 隆一
(社会医療法人財団慈泉会 医療連携センターセンター長・相澤東病院 事務長)
石川 英男
(聖隷佐倉市民病院 執行役員・事務長)
井戸 靖司
(岐阜医療科学大学 特任教授)
斉藤 秀之
(筑波記念会 リハビリテーション事業 統括)
末永 裕之
(小牧市民病院 病院事業管理者)
原口 博
(武蔵野赤十字病院 事務部長)
横山 一紀
(済生会横浜市東部病院 臨床検査部 副部長)
研修の申込みはこちら
その他多くのコースを
開設予定です