病院中堅職員育成研修

ごあいさつ

一般社団法人日本病院会

会長  相澤 孝夫

一般社団法人日本病院会は、「病院の向上発展と使命の遂行を図り、社会福祉増進に寄与する」ことを目的に設立、会員には公的・私的病院の全ての経営主体が参加し、我が国を代表する病院団体です。

医の倫理の高揚・病院医療の質と病院機能の向上・患者サービスの向上・病院経営の健全化等をめざし、国民が「誰でも、いつでも、何処でも」安心して良い医療を受けられる体制の確立を図るための活動を行っております。

当会では人材育成を重要課題とし、診療情報管理士、病院経営管理士の養成等の活動に力を入れてまいりました。

この度、会員病院の経営の質向上をはかるべく、優れた中堅職員の育成のための「病院中堅職員育成研修」事業を立ち上げることとなりました。

この機会をご利用いただき病院医療の発展のためにご協力賜れればと期待します。

一般社団法人日本病院会

副会長  末永 裕之

多職種による労働集約型の病院組織では、とりわけ人材育成が重要であると考えます。

日本病院会では病院組織全体にわたる知識と総合的判断力が不可欠であるとして、30年以上にわたり病院経営管理士通信教育を実施し、病院経営のトップマネジメントの人材を定期的に輩出してきました。

この度その職を支える中堅層の教育についても、医師、看護師、薬剤師、その他医療職、事務職などそれぞれの部門別に研修を開始することにいたしました。

ぜひこの研修が今後の病院の発展向上に繋がれば幸いに存じます。

一般社団法人日本病院会

理事

病院経営の質推進委員会

委員長  牧野 憲一

一般社団法人日本病院会の「病院中堅職員育成研修」は、良質な病院を永続的に維持発展させるため、経営の質の向上に寄与できる次世代を担う中堅職員の育成を目的として、それぞれの部門ごとにコース設定をおこない実施することとなりました。

このコースは、多忙な病院職員に対して短期(2日間)でおこなう研修として、医師、看護師、薬剤師、その他医療職、事務職を含め幅広いコース設定で企画しています。

また、各コース所定の内容を履修した方には日本病院会として修了証を授与することとなっています。

それぞれの医療現場で活躍されている講師や専門領域の著名な講師のご協力のもと実施されるこの研修にご参加いただき、得た知識と人脈を現場に持ち帰り、大いに業務にお役立ていただければ幸いです。

病院中堅職員育成研修の目的

良質な病院を永続的に維持発展させるため、経営の質向上に寄与できる次世代を担う中堅職員の育成を目的とする。